メニューを閉じる

Home  >  バスタブ  >  

アクリル製バスタブに傷がついてしまった。

アクリル製バスタブに傷がついてしまった。


| pdf | vw | dxf | jwc |
options
排水金物 プッシュ式
ポップアップ
チェーン式
加工 オーバーフロー
追焚穴
アクセサリー ヘッドレスト
握りバー
オンデッキ水栓
●: 標準装備 ○: オプション(無償) ¥: オプション(有償)
ー: 未対応
draft


notice
メンテナンス依頼においてバスタブの補修は承っておりません。   アクリル製バスタブは、置型・埋込型ともに約3~3.8mm厚のアクリルを型取りして製作しているため、擦り傷や浅い傷(1mm程度)であればアクリル表面をピーリング(薄く研磨)することで補修できます。   傷の補修方法  ①傷がある箇所へ目の細かいサンドペーパー(例:♯2000)で傷にそって軽く研磨してください。 傷の具合によって、目の粗いサンドペーパーで傷と傷の周囲を研磨して、傷が消えた後同じ箇所を目の細かいサンドペーパーで研磨してください。 ※♯400より荒いサンドペーパーは使用しないでください。傷の原因になります。   ②コンパウンドを塗布したタオルまたはティッシュで、研磨した箇所を回すように磨いてください。 アクリルに光沢が出てきたら、コンパウンドを綺麗に拭取ってください。   参考商品:超ミクロンコンパウンド液体 ホワイト用(SOFT99)   上記の補修で傷が消えない場合は、お問合せフォームより当社へご相談ください。 ※深い傷の場合、補修ができない場合がございます。